« CNC技術産業に長年携わってきて、CNCとは何なのか? | トップページ | 患者さんの免疫力維持と肌荒れ改善のための栄養摂取について »

2022年9月27日 (火)

ウェブサイトを構築する前に、クラウドサーバーとウェブホスティング...

ウェブホスティン

インターネットの時代になって、多くの企業がビジネスや対外的なプロモーションのためにウェブサイトを開設していますが、手機比較なく、さまざまなタイプのウェブサーバーを前にすると、企業はどのタイプが最適なのかわからなくなります。クラウドサーバーとウェブホスティングは文字通り似ているため、その違いを理解していない企業も少なくありません。

クラウドサーバーとウェブホスティングの違い

1.技術的には、クラウドサービスは、コンピューティング、ストレージ、ネットワークの3つの中核要素を統合した豊富なサーバー資源をベースにしています。 各クラスターノードはインターネットのバックボーンデータセンターに配置されている。ウェブホスティングは、ウェブプログラムのコンポーネントをブロックするために使用されるサーバーの一部で、ウェブサイトのデータ転送とストレージの両方を提供することができる。

2は、リソースレベルの分析のためのサーバーから、クラウドサービスは、独自の独立したサーバーのリソースを持つ部分の構成クラウドコンピューティング技術のサービスの重要な要素であり、企業のウェブサイトの開発のためのリソースを教えるの様々を提供することができます。ネットワークのWebホストとしてサーバーから、したがって、バーチャルホストの使用は、他のウェブサイトとサーバのリソースを共有する必要が分割されています。

3.サーバー管理の観点から、クラウドサービスはクラウドコンピューティングに基づく強力なリソースであり、遠隔で管理・運用でき、虛擬主機わせて柔軟に構成できますが、ウェブホスティングは遠隔で管理できず、技術スタッフはコントロールパネルを使ってウェブホスティングルームに行き、各種運用・保守作業を行うしかありません。

4.コスト面では、クラウドサーバーは、サーバールームの構築や、サービスプロバイダーからサーバーを借りる際の保証金が不要である。また、ウェブホスティングはサーバーの帯域やIPなどのリソースを共有する複数の空間ですが、アクセスの遅延や攻撃への脆弱性などの問題があるため、リモートコントロールなどの利点は人的・金銭的コストを大幅に削減します。

サーバーは、Webサイトのコンピューティングサービスを提供する装置で、サービスリクエストへの対応やアクセス処理などを担当するため、サービスを請け負う能力やセキュリティが必要とされる。 クラウドサーバーとウェブホスティングには大きな違いがあります。 ウェブサイトの種類やアクセス数の規模などに応じて、適切なサーバーを選択する必要があるのです。

« CNC技術産業に長年携わってきて、CNCとは何なのか? | トップページ | 患者さんの免疫力維持と肌荒れ改善のための栄養摂取について »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。